この忙しさ エンドはあるのか?!

三月末で薬剤師が一人辞め、
 新たに 三人の薬剤師が日替わりでシフトに入って約一ヶ月近く・・

4月からの診療報酬改正に伴い、お隣のクリニックの診療体制も変わり
 そのクリニックの処方せんの90%以上を請け負う私の勤務する薬局も
当然ながら それに併せた業務体制を敷いて迎えた四月・・。

週始めの火曜日は いつもより30~40分早く薬局に着き掃除などを終わらせ
 業務体勢に入ります。
今まで各曜日に出ていた施設入所者患者さんの処方せんは
 土曜日~月曜日にいっせいに発行されるため、
処方せん有効期限内(発効日を含め四日以内)に処理を済ませなければならず、
 火曜日水曜日は 調剤業務より先行して ひたすらレセコン入力に徹します。

が、、その間にも外来患者さんの来局もあるし、
   施設入所者さんの臨時処方せんも出るし・・(汗)
新たにstaffに加わった薬剤師さんは まだ 業務の戦力にはならず
 結局、薬の発注や受けも事務方の私に廻ってくる始末・・。

古参(と、言っていいのかどうか?)の薬剤師二人は
 新たに加わった薬剤師さんに教えながら通常の業務をこなすのですが
 これまた 時間を取られ なかなか先の業務を進められない有様^^;;

結局、その日(各曜日)の分を調剤して施設のナースにお薬を上げるのが精一杯。

終業時間が過ぎてやっと 次の日の下準備に取りかかる・・。

入力を終えた私は、ピックをし不足分は発注をかけ・・と

毎日残業の日々・・・。

入力し終えたものも、薬剤の変更があったりで修正をかけたり・・・

恐怖は 来週と再来週・・・GWに突入するため出勤日数が少なく
 その中で業務をこなさなくてはならない・・
加えて 締めがある・・・

GWが明けたら 少しは落ち着くのだろうか? とそれぞれが思うことなのだけれど
 この状態はエンドレスのような気もしています・・。

国の方針に沿って、なるべく後発医薬品(ジェネリック医薬品)の推奨をしていますが
 「今までと同じでいい・・」と仰る患者さんも多いのが現実。
一般名処方のものを ジェネリックで調剤しなかった場合、
  レセプトの備考欄にその理由を記さなければならず・・
まぁーめんどーなことったら・・・^^;;

そして、、お薬手帳・・・

 調剤薬局で 必ず・・「お薬手帳をお持ちですか?」と聞かれるはず・・
持っていなければ(家にある)、、シールだけ発行してくれますが、
 「次回は忘れずにお持ちくださいね」と 言われるはず・・

なぜかというと 今年度から、お薬手帳持参の場合と 持参しなかった場合の
 薬剤服用歴管理指導料の点数が二種類になったのです・・。

手帳を持って行かなかった場合(持ってない、必要ない)は 34点
手帳を持参した場合 41点
(金額は 点数×10円×保険負担割合) 

窓口で支払う金額が 持参した場合と持参しなかった場合、
 若干違ってきますね・・。

ただ震災以降、お薬手帳の見直しがされてきているようです。
 お薬手帳には服用していた薬が明記されているため
(ちゃんとシールを貼っていれば・・ですが)
どこの医療機関にかかっても 
 それまでのその方の病歴や状態を推し量れるからなのでしょう。
そして 薬にも飲み合わせがあり、
 同じ成分の薬を重複して飲むこと(過剰投与)を避けることや
別剤を服用することで薬の効果がなくなる場合もあることなど
 様々な影響が起こりえるのを避けるためでもあります・・。

ですから、特に新たに医療機関にかかる場合などは、
 お薬手帳を医師に見せることで 重複投与は避けられます。

そして、調剤薬局でも お薬手帳を持参していただくと
 薬剤師がそれまでの 薬歴を見て、残薬を確認したり
医師が発行した処方せんと照らし合わせ 飲み合わせなどをチェックし、
問題あり・・とした場合は 医師に疑義照会をかけ確認します。
それによって、患者さんの状態に合った安全な投薬が出来るのです。

二度目にもお薬手帳を持参しなかった患者さんには
 手帳にシールを貼って渡すように・・と指導されていますが
 定期的に来局する患者さんの中でも、毎回 持参されない方もいて
 都度 手帳を渡していたら 手帳だらけになっちゃうのじゃないかと・・(笑)

tag : 調剤薬局事務

インフルエンザの季節

三連休の中日、、 今日は 休日当番薬局

だいたい 半年に一度の割合で巡ってくる・・
 今回は 早かった!(前回は10月でしたから・・)

 休日当番の医療機関があるのは知られていますが、
  調剤薬局も休日当番があるのです・・。

そしてなぜか 事務方は
 私が出勤するのが当たり前のようになってしまってる( ̄▽ ̄;)!!ガーン
 ま、どうしても都合がつかなければ お断りすればいいだけのこと^^;

さてさて、、その当番の日は、30分早い開局となり、、
 9時前に薬局前に着くと、
  お隣のクリニックの自動ドアの前に患者さんらしき人が立っていました。
(CLはまだ 入れない様子・・・)

晴れていても 結構寒い・・・
 しかも その方、、マスクをしていて 見るからに 風邪らしい様子・・

私「クリニックが開くのを待ってらっしゃるのですか?」と声を掛けると
  「はい」という返事・・・

このまま 外で待ってるのも辛かろうと思い
 「外だと寒いので、こちらの建物の中で 時間になるまで待たれていては?」と
薬局前にある長椅子に座って 待たれるように勧め
 私は薬局の中へ・・。
暫くしてから CLが開いたようなので 患者さんは出て行かれました。

先に来ていた薬剤師に 
 「今日は 朝一から患者さんが来てるので 忙しくなるかもよ?^^;」と声を掛け
薬局内を掃除した後、それぞれ 患者さんが来るまではのんびり・・。

そして、一時間後、、
 朝出勤時にCLの前に居た患者さんがやって来ました。

 熱も高く辛そう・・・・ インフルエンザは陰性だったらしいのですが
  やはり 風邪・・・。
 薬剤師が処方されたお薬を投薬していると、次の患者さんが来局されました。

小学生らしきお子さんを連れた方・・
 患者さんは そのお子さんのほう・・こちらも 風邪・・。

お二人が帰られたのを皮切りに、次々に患者さんがやって来ます・・

 立っているのも辛そうな方・・
 待合室のイスに座っていても 肩で息をしてるのがわかるぐらいの方・・
 額に冷えピタを貼ってるお子さん・・・

いずれも 風邪やインフルエンザ・・・

 そして 帯状疱疹・・って方も・・・

休日当番用に用意した薬剤もインフルエンザの薬剤も在庫が不足しそう・・

薬剤師が機転を利かせて インフルエンザ以外の処方薬を
 在庫のある薬剤に変更してもらうようdoctorに疑義照会をかけたり・・と
 薬剤師も息つくひまもない・・。

お昼を挟んで 午後から来局した患者さんも症状は似たりよったり・・

 風邪とインフルエンザのオンパレードのよう

  さすが! 1月!!

最後の患者さんが帰られたのが 17時半も過ぎた頃・・
これでやっと帰れる・・と思いきや

 施設のナースから連絡が入り、
 新たに施設に入所者した方の 処方せんが 出る!!!って ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

何故に今日? 今日は 臨時の開局のはずで
 通常の投薬はないのにぃ~~~~~

なんで 処方 出すかなぁ~! しかも この時間に! と薬剤師 怒り沸騰!

 しかも 薬局に在庫のない薬も処方されてるし・・

 薬剤師も「一人のときは 施設患者さんの投薬は無理だよ~~」と叫んでる^^;

そうなのです、、通常の外来でも 調剤する薬剤師と監査して投薬する薬剤師の
 二人が目を通す・・(外来さんは シートのままで投薬することが多い)
居ない時は 一人でこなす・・。

施設患者さんにいたっては、、ピッキングしてから それをバラして一包化するため
 薬剤の確認と、用法容量どおりに正しく薬剤が撒かれているかどうかを
最低でも二人の目で監査することになっているからなのです・・。

それでも、明日の朝からの薬がない。。と言われれば
 やるっきゃない・・・のです・・・

とりあえず、薬の不足もあるので、
 明日からの三日分だけを分包して渡すことでナースには納得してもらい、
 薬剤師は分包機の前で作業を始めていました。

で、私は、、というと 今日の売上げのレジを締め、
 処方が出た患者さんの保険証の写しを頂きに施設の事務所へ。
(入所者さんの保険証などは、事務所で管理している)
それから入力を開始・・。

全てが終わったのが 18時もとうに過ぎていました。

あれだけの風邪やインフルエンザの患者さんが来局した一日・・
 家に帰って すぐ しっかりと手を洗い うがいをしましたとも!

tag : 調剤薬局事務

毒味?

仕事始めの7日、、

 とある患者さんが来局・・

この方、、お隣のCLから定期的に処方が出ている方で、
 CLの診察予定日でもないので、もしかしたら
他医療機関(眼科・整形外科)の処方せんでも持ってこられたのか・・と
 思っていると、、、

おもむろに取り出した お薬(細粒)・・・

投薬担当の薬剤師に

 「これ、、、変な臭いと味がするんだけど・・・」とカウンターに出す。

見ると、定期的にその患者さんに処方され投薬しているお薬・・
 三連包になっているまま投薬してるので
   中身を出し手を加えることはしてない薬・・
  
そのうちの一包だけ持参され
 薬はすでに封が切られ、薬がこぼれないように セロテープで止めてある・・

 薬剤師が 服用した時の状況や保管場所などを詳しく聞き取り

 患者さんにお断りして、実際に 持参された薬を手のひらに少量置いて
 なめてみる・・・

薬剤師の表情が 一瞬 (; ̄ー ̄)...ン? 
 そして 首を傾げる・・・( ̄~ ̄;) ウーン

 心配そうにしている患者さんを前に・・・
  
 「大丈夫だと思うのですが・・・・ 

   ご心配なようでしたら 交換しますよ?^^」と・・。

その薬、、12月中旬に投薬されたもの だと言う患者さん・・
そして まだ 半分以上は残っている・・と。
(処方日数は28日分ですが、一日の服用量が多い薬)

残っている分を全て 薬局にあるものと交換することになり
 一度 取りに戻られた・・・。

その間・・薬局内では、、、、

 対応した薬剤師・・
 「確かに 変な味 しますよ これ・・

 ふつう、、こんな味 しませんよ・・この薬・・
 それに ちょっと変色してる気がするんですよねぇ・・

 ただ、患者さんには それを言うことは出来ないので
  大丈夫かと思うけど 心配なら交換します・・と言ったけど・・・・^^;;」

その言葉に 一同 「ええええーーーーっ?!」

 それから・・staff一同 実験台・・・・

 患者さんが持参された 変な味の薬と 薬局にある同じ薬の味比べ・・

 毒味です・・・

最初に、薬局内にある薬を 味見・・
 こちらは 味もほとんどなく無臭・・色は白色

次に 患者さんが持参された薬を 毒味・・
明らかに 違います・・・
 持参された薬は 確かに口に含んだ瞬間 生臭いような変な味・・(吐き出したくなる)
しかも 微妙に薄茶色に変色・・

一同、、「これ おかしいよ・・・」

 「でも、これって 三連になってるうちの一包だよね?

  ってことは、、、同じ連になってるのも 変だってことだよね?」

そうこうしているうちに、患者さんが戻ってこられ、、残っていた薬を
 薬局にある薬と交換されて 帰られました・・。


更に薬局内では、、、、
 患者さんが持ってこられた薬を一包取り 再度 毒味・・・・
 今度は 何ともありません・・・

 (ー_ー;)ウーン、、、 いったいこれは どーゆーこと?? と首を傾げざるを得ません・・。

そもそも そうそう変色するような薬でもなく・・
 (中身を出して放置していれば吸湿性の関係でわかりませんが・・・)
ましてや 保管の状況で臭いがつくとしても
  同じ連になっている薬も同様になるので・・
 中身の薬の味が変わるということも考えられません・・

一つだけ 考えられるのは、、、
 患者さんのところに 何年も前の古い薬が残っていて
 それをたまたま飲んじゃった・・ということ・・・くらい・・。
しかし可能性としては かなーり低い・・・

メーカーに問い合わせしようにも LOT.番号がわからず・・・
(本店で一括購入している薬なので・・)
 本店にも 報告し、同じような事例がないか確認するが
  本店では そのようなことは起きてない・・という。

たまたま このお薬は この患者さんにしか出してませんので
 患者さんが持参されたお薬は 廃棄処分しました。
逆に言うと、長年 同じ薬を服用していたからこそ、
 味が変だ・・と気づいたのですね^^

 一回量が0.2~0.3gの 一日量0.5gを 一回でそれぞれが服用した毒味

制酸・緩下剤だったので 便秘の方は 解消された? かも・・(笑)

というか、、白昼、、白い粉を手のひらに乗せ なめていた姿・・

 端から見ると ちょっと 怖いよね?^^;;

いつも飲んでいるお薬の 味や臭い、色が変だと思ったら
 それ以上 飲まずに調剤してくれた薬局へ持参して 調べてもらってくださいね^^

tag : 調剤薬局事務

年の瀬 迫る! 調剤薬局編

すっかりご無沙汰のこの頃です・・

blog更新に時間を割くこともままならない 師も走る12月
気が付けば 年の瀬は目の前ではありませんか!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

仕事のほうは、11月初旬から始まった 一般名での処方せんは
 ここに来て ようやく落ち着き始めました。
一般名でコード入力(レセコン)し商品名に変換させる事務方の私、
そして 一般名から商品名の薬剤で調剤する薬剤師・・

一般名処方で処方せんが来ても、いつも通りのお薬で調剤すれば
 混乱も最小限に抑えられたものを、
なにせ社長から
 なるべく 一般名処方のものは
  後発医薬品(ジェネリック薬品)で調剤するようにとお達しが!

厚生省のほうから ジェネリック医薬品の推奨を・・と
  言われているからなのでしょうが・・

しかも なるべく本店が取り扱っている薬剤と統一すること!と言われ
一般名処方対応だけでも目いっぱいなのに
 更には 取り扱い薬剤まで替えると言うのだから

 じゃぁ 今現在うちの薬局にある在庫はどーなるんだぁ?・・と( ̄▽ ̄;)!!ガーン
不動在庫を増やすな!と言われてるのに これじゃぁ不動在庫は増えるし
 言ってることが矛盾してるじゃぁない!と 薬剤師は怒り沸騰!

患者さんによっては、今までどおりのお薬で調剤希望、
 ジェネリックへの変更は不可・・という方も多く、
こちらも難航しました。

特に施設入所患者さんの中には、ご本人に判断能力がなく
 ご家族の方の許可を得る必要があり どうにもなりません。
薬を管理しているナースへの説明なども必須です。

私が一般名処方からの変換薬剤リストを作成して薬剤師たちに渡し
 すぐさま調剤業務にかかれるようにしたり・・
一人の薬剤師が薬剤の在庫状況と変更を専任で担当して、
 その日の患者さんの変更薬のリストが 入力する私の手元に来るという
流れを作り、薬剤師・事務方が連携しなければ
 この状況は乗り越えられない・・・

そして、、一ヶ月半・・やっと薬剤の変更も落ち着きつつあります。

ただ、先週から今週にかけての二週間は、年末年始の関係で
 施設患者さんの定時処方は 3W処方・・
外来患者さんの処方日数もいつもより7日多い・・
外来患者さんの多さもさることながら、施設入所者さんの定時処方の処方せんが
 時間になってもなかなか出ず、終業時間ギリでやっと調剤が終わるというありさま。

ま、毎年年末はこんな状況なのですけどね^^;
 
それでも 私の勤務は明日一日で年内はオシマイ^^

tag : 調剤薬局事務

8月が終わる~

猛烈な暑さのピークも過ぎ、残暑はあるものの
夜ともなると 虫の音が聞こえるようになってきましたね。

季節は確実に秋へと移り変わろうとしてるのですね・・

先日、同じ誕生日月の薬剤師が私に
 「あ~今年も残り少し・・・
   年が明けるとまた一つ歳をとっちゃいますよ~~(泣)」と叫んでましたが

 内心ドキッ!としながらも「まだ、4ヶ月ある!」と 返しました(笑)

自分の年齢をあまり考えなくなったせいなのか?
 あれっ? 私って 今年幾つになったんだっけ?・・と
ボケたことを思うようになりました(爆)

気持ちは若いつもりでいるんですけどねぇ~~^^

さて、、仕事のほうは、、、
 今月は棚卸などもありバタバタと慌しい日々でした。
staff同士のコミュニケーションは取れている職場なので
 内輪の揉め事はないのですが、
経営者への不満や不信感がつのってるため
 この先も同じメンバーで・・というのは難しいのかもしれません^^;

私自身も経営者への不信感はありますが、
 正直なところ、ここを辞めても年齢的なことを考えると転職は難しいだろうと思い
まだ暫くは頑張ってみようと思っています・・。
(文字には出来ない様々なことがあり、
  モチベーション下がりっぱなしなんですけどね^^;)
まぁ 成る様にしかならぬわ・・と開き直って・・^^

tag : 調剤薬局事務

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得してからはや7年。
還暦を過ぎてもなお、 調剤薬局で仕事しつつ週1〜2回のスポーツクラブと年2〜3回の登山を楽しんで、日々頑張ってます(^.^)
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに🎶

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°