立山三山ぐるり縦走 一日目

6時25分、始発の改札が始まり、
 大勢の登山者が次々と 関電トロリーバスに乗車していきます。

わたしたちも、、と 言いたいところですが、
 ちょっとアクシデント発生!!
結局は 始発に乗れず、次の7時発のトロリーバスに乗車し
黒部ダム駅に向かいました。
(結果的には、こちらの方が空いていた!)
出発してすぐ 雨が降り出し、黒部ダムでは 本降り(+_+)

レインウエアを着て 黒部ダム駅から黒部湖駅まで徒歩
立27 立25
黒部湖駅からは黒部ケーブルカーで黒部平駅へ
そして 立山ロープウェイで 大観峰駅。
さらに 立山トロリーバスで 終点 室堂ターミナル(標高2,450m)
と、乗車時間は それぞれが5~15分程度なのですが、
乗り継ぎの時間や待ち時間もあり、室堂ターミナルに着いたのが
 午前9時半近く。
予定では 遅くとも 9時には室堂出発!としていましたが
30分の遅れ^^;
その遅れに拍車をかけたのが 雨!!
室堂ターミナル内は どこもかしこも あふれんばかりの人人人!! 
立山からバスで来ている登山者や観光客も多い)
それもそのはず 
 外に出てみれば 小雨程度の雨ではなく、土砂降り(>_<)
室堂ターミナルから目の前に広がっているはずの山々は
 ガスの中で まったく見えず(・_・;)
立山1
折しも、室堂ターミナルでは「山の日 立山ウォーク」のイベントが開催されていましたが
この雨で、イベントテントが張られていただけで、出店もなく、
 そのテントで雨宿りしている方も・・・。
これまでの登山経験上、雨の登山ほど しんどいものはない・・と
少し雨の様子を見ようと 私たちも足止め。
 
が、なかなか 止む様子を見せない雨・・
だが、雨が降っていても 風はなし!

娘と協議の結果、思い切って出発することにした。

1日目の予定は
 室堂ターミナル(2,450m)~一の越~雄山(3,003m)~大汝山(3,015m)
 ~富士の折立(2,999m)~真砂岳(2,861m)・・・内蔵助山荘泊
天気にもよるが、山小屋まで 健脚者で4時間~5時間。  
 休憩も含めると 5~6時間かかる と言われていた。
夕方 16時までには山小屋に着きたい!

室堂山荘までは 石畳の整備された歩きやすい道。
山荘を過ぎると 浄土山の山腹を横切る緩やかな登山道に変わる。

いつの間にか 一の越へ向かう登山者が連なってる^^;
のはず、、、
 目の前に雪渓があり、滑らないように注意しながら雪渓の上を横断。
短い距離だが 何箇所か雪渓を横断しなければならず、
最後の雪渓は凍っていて傾斜もあるため、皆 這うようにして横断した。
(滑り落ちたら確実に怪我する)
このころには 一時的に雨も止み ほっ^^

登りが徐々にきつくなり、ジグザグに登ると
 息が切れてくる^^;
さらに大小岩混じりの急登・・・
そして 室堂を出発してから1時間半で 一の越に到着!

小休憩して 雄山へ向かう
立山2
(一の越山荘を真下に・・)
ここからは 岩混じりのザレ状の斜面・・・そして急登。
二の越、三の越を登ると 少しゆるやかになり四の越・・
途中、ガスってて何も見えず、 
 ただ 雄山山頂にある雄山神社の太鼓の音?だけが聞こえてた。

ほどなくして 雄山に到着!
立山3
雄山神社の社務所には 御朱印をもらう登山者で混み合っていた。 
本来の最高峰は 鳥居をくぐった峰本社(参拝料を払い、お祓いを受ける)
このころから また雨が降り出し、先へと急ぐ・・・

大汝山へ向かい始めると、雄山にあれほど居た登山者が
誰も来ない(ガーン!)
もしかしたら 道 間違えた??
いや、、黄色のペンキの道標に従って進んでるはず・・・(やや不安)
大きな岩がいたるところにあるが わかりやすい尾根道
ただし 脚を横に踏み外すと 崖から落ちる・・・・(汗)
緊張しながらも歩き 大汝山に到着!

大汝休憩所前でひとやすみ

賑わってるはずの休憩所内に登山者は誰もおらず
唯一 休憩所前に 私のあとに来た4人グループがいるだけ。
(登るペースが違うので、雄山の手前で 娘とマゴ君は先に行ってもらった)

10分ほど休憩をとり、富士の折立に向かいます。
今度は緩やかな下り・・・で、また登る・・・
大きな尖った石が壁を作ってるような 富士の折立
立5
こんなのが落ちてきたら ひとたまりもありません。
が、ここを通過しなければ 山小屋には着けず・・・
立4
ひたすら黄色のペンキを目印に 踏み外さないように
岩場に足をかけ進みます。

そして ようやく岩場を抜けると
目の前には 真砂岳! そして山荘の赤い屋根も見えます^^
立6
ホッとしたのもつかの間、、、
目の前に見える尾根に行くには
これでもか! と言うくらいの下りが待っていました!
一旦 真砂岳分岐まで下りて また 登らなければなりません!

最後の踏ん張りです!
時計を見ると 午後14時半。
なんとか 15時半までには 山荘へ着きたい! 

真砂岳分岐まで下りると青空が広がって気持ちがいい^^

レインウエアを脱ぎ泥よけスパッツを仕舞い
 真砂岳に向かって登ります・・
頂上あたりから また ガスってきましたが
山荘への道標がいたるところにあって 迷うこともありません。

真砂岳中腹辺りから 少し下ったところにある内蔵助山荘

山荘の横にある休憩ベンチに 先に到着していた娘とマゴ君の姿があり
私の姿を見つけて 大きく手を振ってくれました。
立7 
午後15時15分 内蔵助山荘 到着!!

tag : 立山 三山 登山

Secret

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得してからはや7年。
還暦を過ぎてもなお、 調剤薬局で仕事しつつ週1〜2回のスポーツクラブと年2〜3回の登山を楽しんで、日々頑張ってます(^.^)
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに🎶

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°