スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝承・・?

まずは これを・・・・

 Img_1566.jpg
 
 Img_1565.jpg
 
 布で作った”わらじ”です^^<見りゃわかるって?(笑)

でも、これは私が作ったものじゃなく ちびママが作ったもの・・。
先日、職場のお仲間のおばあちゃまから”布わらじ”の作り方を教わり出来上がったものです。
(左右歪なのが なんとも味があり・・・ww)

布わらじは鼻緒を指で挟むことによって、衰えがちな足裏の筋肉を鍛え、さらに足の蒸れや締め付けを防ぐため外反母趾・水虫のある方には特にお勧め・・・。
履き心地は抜群! 履いた途端にふ~っと和みます♪
スリッパを履くより ずーーっといい・・・ような?^^

”草鞋(わらじ)”と書きましたが この形は正しくは”藁草履”・・・。
今はほとんど見かけなくなりましたが、昔(いつの時代だ?) 田舎で祖母が稲刈りを終えると その稲藁で編んでいた記憶があります。

おばあちゃま宅に半日お邪魔し草鞋講習を受けた際に おばあちゃまから、昔は何でもこうして家にあるものを利用して作ってきたこと、おばあちゃまも祖母から教わったことなどを聞き、、こうして受け継がれていくんだ・・とあらためて思ったらしい・・・@娘

受け継ぐと言えば・・・ 私もそうでした・・・

 Img_1568.jpg
 作りかけの キッチンミトン(鍋つかみ)
 使用生地は 娘たちが小さな頃に私が作った洋服の残り生地だったり、幼稚園バックや小物入れを作った時の残りだったり・・ はたまた 着れなくなった娘たちのお気に入りの服を端布にしたものだったり・・。

今は パッチワークの類になってしまいましたが、遡ること数十年前、わたしが布と針を持ち始めたのは 祖母が私の家に来ると端布に刺し子をし庭作業用手袋を作ったり台布巾を作ったりしてたのを見ていたのがきっかけでした・・。
刺し子は糸模様だけじゃなく、敢えて布に糸を施すことで更に丈夫なものになります・・。何の変哲もない布切れに祖母の手によってひと針ひと針・・糸の模様が出来ていく様を飽きることなく見ていたものです・・。 
その後、何十年も経ち、同じように私が端生地で何かを作ってるのを傍で見ていた 当時小さかったちびママは、いつの間にか 私のお針箱や布入れから気に入った布を取り出し、お人形の洋服を作ったり・・していたものです・・。そうやって 傍らに居ながら覚えていく・・・。
昔は? そういった光景も珍しくなかったのではないかと・・。

今の時代、たくさんのモノが溢れ お金を出せば簡単に手に入れられるのですが、
祖母の時代? いえ 母の時代には まだ 再利用が盛んだったように思います。

着れなくなった浴衣をほどき、洗い張りして オムツを作ったり、夏の半浴衣にしたり・・
(洗い張り・・なんて いまどき しないでしょうね?^^;)
冬は セーターをほどき、毛糸を洗い直し、吊干し、巻き、そして 手袋や帽子やマフラーに変わっていった・・。毛糸の洗い直しも 今じゃやらないし出来ない?・・・
そして洋服も然り・・・

再利用する方法やそのやり方?工程?手法? さらには 再利用して自分の手で何かを作り上げるという作業を今は忘れ去られてるように思うのは 私だけだろうか?
私の祖母がその母から教わり、 母に 私に 伝わり、そして娘に継がれてゆく・・・
継がれてゆくものは 何も手法だけじゃない、、そこに 理にかなった知恵と温もりも一緒に継がれていくように思います。

先の藁草履の作り方にしても 何も高い受講料を払わずとも 多くの知恵袋を持った講師は身近にいたのですね^^;

”伝承”などと 大げさなタイトルを付けてしまいましたが、、、
 そんな大層なことじゃないと 今は亡き祖母が見たら笑うかも・・・ww

こちらこそ、いつも丁寧なコメント、ありがとう。
以前も、うちの息子がお宅の現ちびママの後に続く感じで
色々と教えてもらったけど、今度は、うちのワンコがお宅の
ワンコに続く感じで・・・
あなたは私の「生きた実験室」のような存在ですわ(感謝)!
ピープーちゃん、5月に定期健診(血液検査を含めて)で
異常なかったし、昨日はちょっとお散歩できたし、
夕飯の準備ができると興奮して走ってるし、でも、
「朝一回と夜一回ないし二回以外 は外に出なかったわ。
しかも 自分から外へ出たがるのは そのうちの数回・・ ほとんどは 無理やり外(庭)へ出す・・という感じ」
の部分は同じだし(困)。
しばらく様子をみてみるわ。
ありがとね。

心配だねぇ・・

こんばんわ^^
 いつも コメントありがとぉ~^^
で、ワンコね
最後の一ヶ月ぐらいだったか 朝一回と夜一回ないし二回以外 は外に出なかったわ。
しかも 自分から外へ出たがるのは そのうちの数回・・ ほとんどは 無理やり外(庭)へ出す・・という感じでした。 勿論、お散歩もまったく ×で・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌
そして 頻繁ではないけれど お漏らし(粗相)・・をするようになったのも同時期・・。
亡くなるまで 3回ほど・・・。
目も脚も弱っていたせいもあるのだけど・・・・。
犬は おしっこを我慢するために 水分摂取を本能で調整するらしく・・(何らかの病気がある場合は別!) 本当に我慢できなくなったら そういった(外へ出せというような)仕草をすると思う・・。
で、犬も加齢とともに 排泄に関する神経?や筋肉の収縮が鈍感になるらしく、 お漏らししたり、排尿してもすぐまた してる・・・という姿が 結構 見られました。
音に関しては 犬は本来 大きな音(花火、カミナリ)は苦手なようですゎ
(怖いときは尻尾を下げ内側に巻いてる) 
我が家のワンコも幼少の頃 散歩中に突然の大爆音のカミナリに遭い 以来カミナリはまったくだめ。
勿論 花火も同様・・。
ただし 歳をとって耳が遠くなったり 片耳が聞こえなくなってからは 音に対しても鈍感でした。
今まで大丈夫だったのに 突然外に出たがらないというのは、犬なりの何かしらの理由があるわけで・・ それが 音のせいかもしれないし 他のことかもしれないし・・(外因ってやつね)
はたまた 内因的な 病気もしくは衰えからくるものか・・・
食欲があるのなら心配はなさそうだけど・・・@病的なもの・・
食べても体重が減る一方・・であれば 獣医に診てもらったほうがいいと思うわ。
なんでもないことを祈ってる・・・^^

種とは 親の生きる姿勢そのもの・・
そうそう、それが言いたかった!!
いつまでたっても、私のコメントは大雑把ですわ(恥)
ところで、今度は本格的に話を変えますが、
お宅のワンちゃん、最期の方はお外に行くのを嫌がった?
目がよく見えないようだとか、夜はおっかなびっくり、とか
確か読んだ気がするのだけど、
実はうちのワンちゃん、2~3日前から、お外に行くのを
極端に嫌がるようになって、心配してるのよ。
おトイレが遠くなって内臓に負担がかかるのではないかなぁ。
ちょっと前、短期間に3回怖い体験(花火が2回、急ブレーキの音が1回)したのが原因かなと思うんだけど、その後、しばらくは
普通にしてたのに、突然、「お外、イヤッ」状態。
まぁ、歳だし。食欲はあるんだけど。

逸脱歓迎! 更に逸脱?(笑)

遠ちゃんのコメントを読んで ふと昔のことを思い出してしまったゎ^^
確かに言葉を詰め込み訓え込もうとした時期もありましたねぇ・・・...( = =) トオイメ
覚えてるかな?
「子供の脳(頭?)に種を撒く」って言葉・・・
当時の解釈は、種は親の言葉であり
種が芽を出すための基本三原則(空気、光、水)が親の生き方、暮らし方、そういった諸々の親の姿だと考えていたと思う。 勿論 親以外のことからも摂取するのですが・・・。
でも、逆なのかもしれないね?^^
種とは 親の生きる姿勢そのもの・・
そして 三原則になるものは 親の言葉であり、言葉を裏付ける親の暮らし方でもある・・
なんだか そんなふうに思えてきたわ^^
親の背中を見て子は育つ・・・という名言も
 親が多くの言葉を語らずとも 良くも悪くも親の生きる姿を見て
子供は無意識の中で親の姿を基本にし 自分という根を張りながら(確立しながら)育っていく・・ね^^
ある面、子は親の写し鏡・・・でもある・・。
子育てとは 一喜一憂の繰り返しである・・って 勝手に作っちゃうけど・・(笑)
最近ね・・ ある方から
「あなたがこの世を去るとき 子供に何を遺せますか?」 と問われて
 返答に窮したことがありました・・・
莫大な財産!(笑)と即答できればいいけど そういう意味合いのことではなく、
子供の指針になるような 心に遺せるだけの 生きるという姿を見せてきたか否か・・ということを問われてるように思ったの。 
生き方の何が正しくて何が間違ってるか・・なんて答えは見つからないけど、
 たぶん その答えは ちびが持ってるのかもしれないわ^^;
私から娘へ そして娘がちびに 親としてどういう姿を見せ伝えていくか・・・・
受け継がれていくもの・・・怖いけど楽しみでもあるわ(笑)

ちょっと話が逸れるかもしれないけど・・・
最近、息子を見て、つくづく思うのは、
子供が親から引き継いでいるものって、
意識的に言葉で詰め込もうとしたことじゃなくて、
無意識に見せていた毎日の暮らし方、生き方、
なんだなぁ・・・ってこと。
「表向きの顔」じゃなくて、「後姿」。
ほんと、「親の後姿を見て子供は育つ」って名言だわ。
無意識に見せていたものは、言葉で教えなくても、
結構しっかり根を下ろしてるように感じるの。
良い面も悪い面(トホホ)も。
そうそう、言いました
「子供は親のシナリオどおりには育たない」
今でもそう思うけど、これも両面あって、
失望もあるけど、意外なちょっと嬉しい驚きも
あったりするみたい。
久しぶりにちょっと真面目なコメントでしたわ。
Secret

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得・・。 2011年4月にやっと 再就職先が決まりました♪
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに生きたいと思うこの頃♪
 (*・.・)ノ ヨロシク・:*:・゜'★.。・:*:・゜'☆♪

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

  • にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

  • にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。