平成22年度診療報酬改定

厚生労働省から 「平成22年度診療報酬改定について」が発表されましたね。
これは医療従事者だけに拘わらず、医療機関を利用する私たちにとっても関心深いものでもあります。

診療基本料に改定はないものの、
 新たに新設された加算項目や廃止した項目、既存の項目が更に細分化された項目、
はたまた点数改定もあり 医療事務(医科・歯科)、
介護・調剤事務などを勉強してる方(勿論、現場でも)にとっては、
様々な変更事項が出てきて 混乱しそうですね^^;
私が現在 勉強している調剤薬局事務関連でも 幾つか改訂があります。

主なものでは

・調剤基本料の特例の見直し

【調剤基本料】
(処方せんの受付1回につき)40点
注)処方せんの受付回数が1月に4,000回を超える保険薬局においては、
 (特定の保険医療機関に係る処方せんによる調剤の割合が70%を超えるものに限る。)
 所定点数にかかわらず処方せん受付1回につき24点(現行 18点)を算定する。改

※注のうち、処方せんの受付回数4,000回超/月への該当性の判断に当たっては、
 時間外加算、休日加算、深夜加算、夜間・休日等加算、在宅患者訪問薬剤管理指導料、
 在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急時等共同指導料並びに介護保険に
 おける居宅療養管理指導費及び介護予防居宅療養管理指導費の算定に係る処方せんに
 ついては、受付回数に含めないこととする。

・一包化薬調剤料及び内服薬調剤料の見直し
一包化が別算定になり内服調剤料のみで
 15日分以上21日分以下の場合 68点→71点改
 22日分以上30日分以下の場合 77点→81点改
 31日分以上の場合 89点新

一包化加算
【一包化薬】89点
 2剤以上※の内服薬又は1剤で3種類以上の内服薬を服用時点ごとに
 一包化薬として調剤した場合に、投与日数が7又はその端数を増すごとに
 所定点数を算定
※服用時点の異なる2種類以上の薬剤
    ↓
【一包化加算】改
注)2剤以上※の内服薬又は1剤で3種類以上の内服薬を服用時点ごとに一包化を
 行った場合は、一包化加算として、当該内服薬の投与日数に応じ、
 次の点数を所定点数に加算
 56日分以下の場合 → 
      投与日数が7又はその端数を増すごとに30点を加算して得た点数
 57日分以上の場合 → 270点
※服用時点の異なる2種類以上の薬剤をいう。

・湯薬の調剤料の見直し
現行【湯薬】(1調剤につき)190点
    ↓
【湯薬】(1調剤につき)
 7日分以下の場合 190点改
 8日分以上28日分以下の場合
 (1)7日目以下の部分 190点改
 (2)8日目以上の部分(1日分につき)10点新
 29日分以上の場合 400点新

・ハイリスク薬に関する薬学的管理及び指導の充実
 【薬剤服用歴管理指導料】
(処方せんの受付1回につき)30点
注)特に安全管理が必要な医薬品を調剤した場合であって、
 当該医薬品の服用に関し、その服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、
 必要な薬学的管理及び指導を行ったときには、所定点数に4点を加算する。改
<特に安全管理が必要な医薬品>
 抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、不整脈用剤、抗てんかん剤、血液凝固阻止剤、ジギタリス製剤、
 テオフィリン製剤、カリウム製剤(注射薬に限る。)、精神神経用剤、糖尿病用剤、
 膵臓ホルモン剤及び抗HIV薬

その他に、、
 
後期高齢者薬剤服用歴管理指導料、在宅患者訪問薬剤管理指導料、
発医薬品調剤体制加算の見直しや薬剤管理指導料に新医薬品安全性情報等管理体制加算の
新設などがありました。

調剤事務もそうですが、、医療事務のほうも関連する項目や内容が変更されていますね。
医療事務などは 通常でも算定項目数が多いだけに(調剤事務の比じゃない半端なく多い!)
今回は更に増え(乳幼児関連、画像診断関連などなどなど・・・・)
いやはや 頭がくらくらしそうです!

後期高齢者にとって良かれとされた制度も 
  一年やそこらで廃止され変更になったんじゃたまりませんね?^^;
確か、、
後期高齢者制度では医療保険加入者は、満75歳以上に達すると
医療保険の加入から外れて「後期高齢医療制度」に加入し、
被保険者一人に付き一枚「後期高齢者医療被保険証」が
交付されていたと思うのですが、、
制度がなくなり どうなっちゃうんでしょ?

三月末試験を受ける際は、改定前の内容で出題されますが、
四月以降の試験はどうなんでしょう?
このまま行けば、5月以降の試験は新たな制度からの出題ということになる・・
と言う話しも?

今までの制度や診療報酬点数で覚えてきて、頭の中に入ったものもあります。
そこに新たな追加や覚えてきたことへの変更があると、
 更に 頭の中 ゴチャゴチャになりそうですねぇぇ・・

先日、医科医療事務講座仲間が集まったときも その話になり
制度が改定される前の この三月試験には 是が非でも合格しないと・・という声でした。

診療報酬の改定に伴い、当然のように 薬価改定も行われるでしょうし
今まで 先発医薬品より薬価が安価とされていた後発医薬品でも
一部には先発医薬品より高価になる見込みの薬品も出てきているようですね・・。

何にしても、、、毎年見直すのは良いとして
 混乱を招くような改定は どうかと思いますゎ・・
 

tag : 平成22年度診療報酬改定 調剤薬局事務 医療事務

Secret

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得・・。 2011年4月にやっと 再就職先が決まりました♪
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに生きたいと思うこの頃♪
 (*・.・)ノ ヨロシク・:*:・゜'★.。・:*:・゜'☆♪

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

  • にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

  • にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°