富士山へ登ろう!③

うつらうつらしながらも何度か目が覚め
 時折聞こえる小屋の人の声や小屋前に到着した方々の声・・

私たちが到着した時には 寝袋も大半が空の状態でしたが
 ふと見回すと ほぼ全員が寝袋に入って仮眠をとってました。
屋根裏の梁にはリュックなどがかけられるフックがついており
ちょうど寝袋の足元側になっているため・・人がどれだけいるかわかります。
時刻はたぶん 深夜零時ごろ・・
外が随分騒がしい・・
夜間登山している方々が到着したのでしょう。
深夜1時過ぎになり そろそろ起きて支度を始めます。
トイレに行くために外に出ると・・・・
小屋前は大勢の人でごった返していました!

そして、、高山病で体調が悪くなった方々も見受けられます。
中には、、、
 これまた小学生と思われる子供連れの男性・・
山小屋の前で 空き部屋はないか・・と訊ねています。
そのほかにも 数人のグループも交渉中・・。
夕方過ぎからの夜間登山をしたはいいが、、
 頂上まで行くのは体力的に無理だと判断したのか・・
この時期、山小屋は予約なしでは かなり厳しい・・
ましてや大人でも厳しい夜間登山なのに
 子どもの夕方過ぎからの夜間登山はもってのほか!

夜間弾丸登山・・ってのが流行ってるらしいのだけれど
夜間登山は日中登山より体力消耗も激しく高山病になりやすいのだとか・・
なので 無理なスケジュールは立てず、山小屋も前もって予約しておこう!
ただ、登れる・・と思ってても、途中で体調が悪くなったら
 無理をせず山小屋や救護センターに相談する判断力は必要ですね。

後から た~さん母(登山歴20年)に聞くと
 山小屋は、いっぱいだからと言って断ることはできないのだそうだ・・
それは 断れば命にかかわる可能性があるから だそうな・・。
果して、、、
 交渉していた親子連れや数人のグループは
  寝る場所が離れてしまうけれど・・ということで
無事泊まることが出来たようです。(良かったね^^)

そして、、我々も準備を整え出発です。
 SH3I0318.jpg

 外気温度は 7℃
 冬装備をしていても
 下から吹き上がってくる冷気で
 じっとしてると寒い寒い!

ここで、、た~さん父がリタイア
 八合目まで登ってきて 足が攣り始め
このまま上を目指すのは無理と判断したようです。
た~さん母も そんなご主人に付き添って
 八合目で御来光を迎えた後、下山することになりました。
そして、、た~さんは、、
 夕飯のカレーライスを一気に食べた所為か 体調がいまいち・・
ここで断念するか、、それとも上を目指すか、、逡巡した結果
 頂上を目指すことになりました。

 ってことで。。た~さんご両親に見送られながら出発!(AM 2時40分)
まずは、元祖室を目指します。
八合目元祖室は江戸時代に富士山巡礼の火付け役となった食行身禄様が祭られており、
巡礼登山の聖地として知られています。
ヘッドランプで足元を照らしながら ゆっくり登ります。
頂上で御来光を迎えるために 大勢の人が登っていきます。
なので 結構明るい^^
下を見ると、、延々ヘッドライトの灯りが続いています・・。
元祖室を過ぎると本八合目が見えてきます。
本八合周辺は胸突八丁と呼ばれ、昔から行程中の難所と知られてきました。
長い階段ですが、渋滞のおかげでゆっくり登っていけます。
一歩上がると立ち止まる・・また一歩上がると立ち止まる・・
そんな状況で 空気の薄いのにも慣れ苦しくはありません。
ただ、先を急ぐ(登山慣れした)方々は この渋滞がストレスなのか
 横をすり抜けて登っていきます。

あ、、ちなみに 富士吉田ルートは六合目からは
 登山道と下山道が別のため、下山してくる登山者を待たずに済みます。

そして、、本八合目(3400m)の富士山ホテル前に到着。
ここから上は浅間大社の境内になっています。
富士登山もいよいよ後半戦に突入です!
さらに登ります・・・

本八合目トモエ館過ぎ辺りから ちびの足が止まります・・
苦しい・・というので、娘とた~さんには先に行ってもらい
私はちびと小休憩を取ります。
 SH3I0321.jpg
 満天の星空も東から少しずつ白み始めてきました
一歩進むと やはり立ち止まってしまう ちび・・
何度か繰り返し その度に 一歩ずつ・・
御来光館まで来ると また動けなくなったちび・・
 すれ違う登山者に 励まされたり・・^^

その頃、、登山者渋滞の真っ只中にいた 娘とた~さんは
 かなり明るくなってきた空を見て、
 その場所で 御来光を迎えようとなったらしい・・
そして ちびと私の姿がなかなか見えなかったので
 きっと 諦めて、、明るくなってから登ってくるのだろう・・と思っていたようです。

が、、、、
 私とちびは ゆっくりでも ほんとうに一歩ずつ登っていたのです^^
私のポールの一本をちびに渡し、そこに私の手を添えて
 二人で ゆっくりゆっくり 一歩一歩
 立ち止まっては 深呼吸をさせ、、水を飲ませ さらに一歩進む・・。
空はだんだん オレンジ色に変わってきます・・
 
ふっと見上げると、、誰かが上のほうで手を振っています・・・
 ちびは気がついていません・・(私も 誰だかわからなかった^^;)
更に登ると・・・
 今度はハッキリと ちびの名前を呼ぶ声が
 私の耳にもちびの耳にも届きました。
そう、、娘とた~さんが 呼んでいたのです^^
「ほら^^ 母さんがあそこで待っててくれてるよ^^」
ちびに 上を指差し そう伝え・・
 母さんのところまで頑張ろう! と励まし また一歩足を進めました。
娘とた~さんの所へ辿り着き
 母さんから「よく頑張ったね~^^」と褒められ
そして同時くらいに 

 (9*゜▽゜)9゛オオオオォォォォ♪ という周りの歓声!

太陽が放つ放射線状の光・・
 そう、、東の空がオレンジに輝き いよいよ御来光の瞬間です。
 SH3I0323.jpg
 SH3I0326.jpg
 何とも 暖かく・・・この瞬間 感動ものです

娘の後日談、、
 御来光とともに ちびが登って来た♪
 涙が出たよ・・。
 頂上では迎えられなかった御来光だけど 最高の感動だった・・と。

富士山へ登ろう!④に続く

tag : 富士登山

Secret

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得してからはや7年。
還暦を過ぎてもなお、 調剤薬局で仕事しつつ週1〜2回のスポーツクラブと年2〜3回の登山を楽しんで、日々頑張ってます(^.^)
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに🎶

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°