三ツ峠山へ・・② あわや遭難かぁ?!

三ツ峠山を下り、次に向かったのは お隣にある御巣鷹山
 24-31.jpg
 ご覧のとおりの雪道
 樹木の下に生えてるコケも凍ってる
 24-32.jpg

 24-33.jpg 24-34.jpg
 24-35.jpg

 御巣鷹山山頂は電波塔があるだけで
  なぁ~んにもなく味気ない

 見晴らしも悪いので
 さすがに人気がない

地図でルート確認し 御巣鷹山の急勾配を下り大幡山へと向かうが・・・
 24-36.jpg 24-37.jpg
 これが とんでもない羽目になる・・
御巣鷹山を出発したのが 午後1時少し前
最初は林道らしき道を辿って歩き始めたが、
どこでどう間違えたのか?! 樹木林に覆われた道なき道を
 ひたすら登ったり下りたり・・・(一応 人が踏んだであろう林道)
そのうちに ここから先へ本当に行けるのか? と思うような場所に出る
御巣鷹山を出発してから すでに1時間は経過していた・・

地図で再度確認するが、なだらかな尾根道なんぞどこにも見当たらず
周りを見回す限り 樹木林・・・
落ち葉が堆積していてその上に雪も積もり 足場も悪く滑る
それでも 踏み跡を辿って先へ進むが・・
 目指すところは一向に見えてこない^^;
やっと やや平坦な尾根道へ出たかと思えば また急坂を登る・・
登ればまた急斜面を下りる・・
 そんな繰り返しばかりで、いっこうに下山してるとは思えない・・。

ガスがかかってきて視界が悪くなる・・
 心に不安が広がっていく・・

時刻は 3時になる・・・
コースタイムでいくと とうに大幡八丁峠に着いてなければならない
おかしい・・・ これはどこかで道を間違えたか逸れたか・・だ。
不安は益々募るが 口には出さない・・

心の中では もし 遭難したら・・・・・
いくら冬装備であっても この寒さじゃ 凍死するかも・・
自分はいいとしても・・
 ちびは?・・
万が一に備え連絡しようにも携帯は圏外を示すだけ・・

ぃゃ そんなことに絶対になってはならない・・と
強く思い 先を進む・・ 

樹木帯を抜けると視界が広がった
大きな送電塔があり、
斜面には木材を伐採し積み上げられた箇所が幾つも見える
斜面には下へと降りる階段らしきものがあるが その先が見えない

ふと見ると、、道標があった・・
来た方向には 三ツ峠とあり、その先は 青八山となっている
どこにも 大幡八丁峠の道標はない

ただ、道標があると言うことは 立っている場所が林道だとわかり安堵するが
それも束の間・・
また 登ったり下りたりの繰り返し・・
 今度は かなりの傾斜角度・・
そして、遂に!
大幡八丁峠の分岐に辿り着いた!
が、、ここでも道標には その先を示すだけで何も書かれてない・・
 標識どおりに直進すれば また山道が待っている

しかし。。左側に下りると ルートガイドにある砂利道ではないか!
時刻は3時半過ぎ・・
直感で 砂利道を行くことにした。
 砂利道であるということは 車が通れる道であるという判断からだ。
ルートガイドによれば、ここから一時間ほどで登山口に出るはずである・・

ホッとしたと同時に 
それまでデジカメで写真を撮ることすら忘れていたのに気づく^^;
というか、、そんな余裕すらなかったのだけれど・・
 24-38.jpg 24-39.jpg
砂利道を踏みしめながら それまでの緊張が解けたように
やっと ちびママとちびにも笑顔が戻ってきた

5分ほど休憩した後 また歩き出す・・

それぞれに気持ちに余裕も出てきて ちびも元気になってきたようだった^^

ちびママと 今回のルートを振り返り
 幾つかの反省点を出した

 ・ガイドブックも含め、山の情報は出来るだけ多く集め
  歩くコースをしっかり把握しておく
 ・無理なコース取りはしない(メジャーじゃない道は中級者~向け)
 ・万が一に備え、家に居る家族(我が家の場合は 夫さま)にも
  コースガイドがわかるように コピーして残しておく
 (行き先は告げてあったが、どこの登山口から入るか伝えてなかった)
 ・その他にも 服装のことや 必要・不要なものなど。。

 24-40.jpg 24-41.jpg
砂利道沿いにあった 綿毛のような花・・?
 きっと 花が咲き終わった植物のようですね^^

砂利道を一時間弱歩き 辿り着いたのは
 北口登山口横・・行く時に門が閉められていて通行止めになってた箇所
その門が見えたとき もぅ 三人でハイタッチしちゃいましたよ(笑)

下山予定時刻を大幅に過ぎたけれど、、戻れてよかった~~~

携帯がかろうじて繋がるようだったので
すぐに 自宅に居る夫さまに 下山報告。

車の駐車してる場所へ戻ると
 三人とも靴も泥除けスパッツも 泥まみれ・・

こりゃぁ洗濯が大変だぁ・・
 24-42.jpg

 車の中でホッとひと息つき

 とりあえず 温泉へ行こう!

ってことで やってきたのが、河口湖温泉寺
 24-44.jpg 24-45.jpg
 露天風呂の温度はやや低めでしたが 疲れた身体には心地良かった^^
いつもはカラスの行水のような入り方をするちびも
 温泉にゆっくり浸かって来たようで 顔が火照ってる(笑)

温泉寺では食事が出来ないため、一気にICまで行き
 毎度お馴染みの足柄SAで食事をし、
事故渋滞で30キロ・・を回避するため 一時間ほど仮眠を取り帰宅しました。

いやはや、、反省点いっぱいの今回の登山でしたが
 こうした経験をしたからこそ 
 次の登山に活かせる判断材料にもなったと思った次第。
(無事に帰れたから言えることなのですけどね^^;)

余談ですが、
やはり ガスバーナー・コンロ は欲しいね・・と
ちびママと話していて 今度、折半で購入することにしました(笑)

こうして、、山用品が増えていく~~~~~ 

tag : 三ツ峠山 登山

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

Calendar & Archive

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


anniversary

Profile

bluemoon

Author:bluemoon
50の手習い?で「医療事務管理士」と「調剤事務管理士」資格を取得・・。 2011年4月にやっと 再就職先が決まりました♪
糖尿病を持ちつつも、明るくポジティブに生きたいと思うこの頃♪
 (*・.・)ノ ヨロシク・:*:・゜'★.。・:*:・゜'☆♪

New Entry

Comment

Link

+++ blogお仲間です♪ +++
こちらも”きまぐれ鏡”同様
☆(=´ー`)ノ ヨロシクネ♪


Blog Friend Foam

この人とブロともになる

Ranking ポチっとな♪

★Rankingに参加中です♪
 応援ポチをいただけると
  嬉しいです♪



  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

  • にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

  • にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

  • Category

    Search Foam

    RSS Link

    QR Chord

    QRコード

    FC2 Counter

    いつもご訪問くださり (人´∀`*)ありがとぉ.☆.。.:*・°